切らない美容整形術

エステティシャン

受けやすい美容医療術として選ばれている

モデルの様な小顔に憧れる方は多いですが、日常生活上の努力で手に入れる事が出来るかと言えばほぼ不可能です。顔の大きさは骨格や脂肪、そして筋肉等個人毎によって要因が異なるからです。その要因毎に美容医療では施術方法があり、美容医療によって希望を叶える事が可能です。顔が大きく見える要因が筋肉である際は、ボトックス治療が適しています。ボトックス治療は筋肉を小さくする事ができますので、筋肉太り解消に適しています。脳から筋肉に送られる神経伝達物質の分泌を抑える効果があり、それにより筋肉の活動や緊張を緩和する事ができます。使用や筋緊張を抑えられた筋肉は使用を控えている状態なので、徐々に日を追う毎に縮んでいきます。結果、原因の筋肉のみを小さくして筋肉太りを解消するのです。顔が大きく見える要因が筋肉の場合は、エラが張っている事で平べったく見える事で起こります。エラの部位には咬筋という食事時に噛む際に活動する筋肉があります。それが発達しているが故にエラが張って見えます。食事は毎日行わないといけないので、どうしても使用を抑える事は困難です。また狙った部位のみの筋肉を小さくする事も困難ですが、ボトックス治療はそれをする事ができ、小顔を目指す事が可能です。

小顔になる為の美容施術方法には手術方法が主流でした。骨を削る事や脂肪除去等がありましたが、大きな手術をせず切らない方法としてボトックス治療が登場した事で、迷っていた方にとって受けやすくなり多くの方が活用するに至りました。小顔ボトックス治療を多くの方が選択するのには2つの理由があります。1つは安全で副作用のない治療方法である事です。注射するだけであり、その針は非常に細いので傷跡が残る心配はありません。また注入する薬剤であるボツリヌストキシンは、美容医療に転用される前は顔面麻痺等の治療薬として使用されており、安全性が確立しています。厚生労働省も2009年に副作用はなく安全である事を認めています。こうした背景が安全である核となっており、受けやすく選ばれやすい治療となっています。もう1つはダウンタイムがほとんどない事から、日常生活に支障をきたさない面です。受ける方の多くは社会人になってからなので、社会との繋がりを持っています。会社や近所付き合い等、日常的に人と関わっています。腫れや内出血を隠して生活する事は難しく、業種によっては休む事が困難な場合もあります。ボトックス治療は腫れ等のダウンタイムがほとんどなく、施術したその日から普段通りの生活を送る事ができます。徐々に効果が現れる作用機序なので、施術後当初は特に変化もないので周囲に受けた事がばれる心配もありません。普段通り生活を送りながら自然と小顔になれます。

Copyright© 2019 簡単に自分の見た目を変えられる美容の治療法 All Rights Reserved.